Feed

こだわりの筆記用具に関する意識調査

Posted on 11月 5th, 2009 in 筆記具 by 店長

こだわりの筆記用具に関する意識調査の結果がアイシェアオンラインリサーチサービスというところで発表されていました。

ペン類にこだわったこと「ある」6割弱

~そのうち6割強は紙類にもこだわったこと「あり」!1902_01

日常で文字を書く時、手書きとパソコンのどちらが多いかを聞くと、「手書き」が26.3%に対し「パソコン」が73.7%。ボールペンやシャープペンなど のペン類にこだわった経験については「ある」が58.7%で、男性(51.6%)よりも女性(67.3%)で多かった。また「手書き」派の68.5%がペ ン類にこだわったことが「ある」と答え、「パソコン」派の55.3%を13.2ポイント上回った。

文具屋の店長としてはどんなポイントを重視してペンを選んでいるのかが気になるところです。1位は「書き味の良さ」(85.9%)で、2位以下は 「握りやすさ」(66.9%)、「インクや芯の種類」(44.5%)、「持ち疲れしないこと」(38.7%)と続いています。「携帯のしやす さ」や「多機能性」といった項目はあまり重視されてなく、ペンとしての基本機能を重視している人が多いようですね。やはりペンは書き味ですよ・・・・

では、ペン類に対し、ノートやメモ帳・ルーズリーフなど、文字を書くための紙類についてはどうか。こだわりが「ある」とした人は全体の39.3%。男性 (31.3%)より女性(49.0%)、20代(30.8%)より30代(43.8%)・40代(43.2%)で多かったものの、全体的にはペン類にこだ わったことが「ある」とした58.7%より低い割合。しかし、ペン類にこだわったことが「ある」とした人のうち、紙類にこだわったことが「ある」とした人 が61.3%にのぼった点は興味深い。

紙類についてはこだわりがあると人は全体の約4割ですが、ペン類にこだわりがあると答えた人の内の6割の人が「紙類にもこだわりがある」と答えてますね。ここでの重視ポイントの1位は「全体のデザイン」(55.5%)、2位以下は「紙質の良さ」(51.4%)、「用途に合った紙質」(48.2%)、「書き味の良さ」(46.3%)と続いています。

パソコンやiphone,携帯電話などを使って文書を作成したりスケジュール管理をする機会が多くなっても手書きの筆記用具を手放せない人は多いようですね。

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)