Feed

エマルジョンインク採用のボールペン「スラリ」

Posted on 9月 21st, 2010 in 筆記具 by 店長

書きやすい油性ボールペンといえばジェットストリームが先行していますが、ここにきてゼブラのスラリが人気上昇中です。

ボールペンは、インクの種類によって水性ボールペン、ゲルインクボールペン、油性ボールペンの3種類にわけることができます。水性ボールペンは染料系と顔料系に分かれるますが、ゼブラの調査によると水性染料インクのボールペンはにじみやすい理由で
国内ではあまり売れていないとのこと。ボールPentelやuni-ball 5,MONO BALLがある程度ですか。
水性顔料系ボールペンは、インクの出がなめらかなことが特徴。この水性顔料系インクを改良したものがゲルインクで、乾きやすくかすれにくい。ゼブラの人気商品のSARASA(サラサ)三菱のユニボールシグノなどはそれです。
油性ボールペンは通常、乾きやすくかすれにくい特性を持つが、書き味はそれほど滑らかではないのが特徴となっています。

今人気のスラリに採用されたエマルジョンインクは、水性インクと油性インクを3対7の割合で混合したものらしいです。油中水滴型インクと呼ばれるように、油性インクの中に水性インクが混ざっている状態で、いわゆる乳化状態になっている。「油性のしっかりした手ごたえと、水性のさらさらした軽さを兼ね備えた、新世代のボールペンです。今までにない滑らかな書き味と、鮮やかで濃い筆記線を実現しています。


価格は105円。
インクカラーは、ボール径が0.7ミリタイプが黒/青/赤/蛍光イエロー/蛍光ブルー/蛍光ピンク/蛍光グリーン/蛍光オレンジ/蛍光バイオレットの9色です。
0.5ミリタイプと1.0ミリタイプが黒/青/赤の3色です。

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)