Feed

絵本作家と共同企画のフィールドノート

Posted on 3月 19th, 2009 in by 店長

先日お客様のところでアウトドア雑誌『BE-PAL』を読んでいると、コクヨが絵本作家の村上康成氏と共同企画から生まれた「フィールドノート(測量野帳)」というのが載っていた。

1959年に測量士をメインターゲットとして発売した測量野帳は、(1)コンパクトなポケットサイズ(2)手に持ったまま書ける(3)しっかりした表紙などの点を評価いただき、今年発売50周年を迎えるロングセラー商品です。
この度発売する「フィールドノート(測量野帳)」は、従来の測量野帳のイメージを踏襲しつつ、表紙デザインに村上康成氏のイラストを採用しました。販売は当社の流通の他、「BE-PAL」誌上や同紙のWEB通販を通じて行います。青、白、オレンジの3種類で今年度のみの限定販売です。

 levelbook

 野帳(野外手帳)は、建設関係(特に土木関係)の人たちが現場で使用するための手帳です。当然野外で使うとなれば、机などない場所での筆記となるために表紙のカバーはかなりしっかりした厚みがあり立ったままの筆記も楽々こなせるようになっています。
見開きのページの右側は普通のノートの横罫線が等間隔でひかれています。
左側には横罫線に加えて、縦の罫線が赤で等間隔で引かれていて、エクセルシートのようになっています。
最近は工事関係者だけでなくいろんな人が購入されています。
levelbook2
店長もキャンプに行くときに野帳をもっていくんですが、このフィールドノートも早速手に入れたいと思います。

このフィールドノートは、表紙を開くと日本地図、最終ページはプロフィール欄が付いています。

 


トラックバック URL

コメント:1個
  1. 燻製スモークやで!のpitchgon1より、 2009/3/20 金曜日:

    ログーる ファン登録ありがとうございます

    フィールドノート(測量野帳)なんてあるのですね。わたしは現場に出ることが多くすぐに手帳がぼろぼろになっていました。これなら丈夫そうなの一度ためしてみたいと思います

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)