Feed

文具券年内で廃止

Posted on 10月 28th, 2010 in 店長日記 by 店長

入学や誕生日の贈り物などとして30年以上にわたって親しまれてきた、鉛筆やノートなどの文房具が購入できる「文具券」が、少子化やインターネット販売の影響を受けて、年内で廃止されることになりました。「文具券」は、鉛筆やノート、消しゴムといった文房具などと引き換えができる金券で、昭和53年に始まり、入学や誕生日を迎えた子どもへの贈り物などとし て利用されてきました。発券会社の「日本文具振興」によると、これまでにおよそ330億円分が発券されて、全国の百貨店や文具店など、およそ1万 1000店の加盟店で利用されてきましたが、少子化やインターネット販売の影響を受けて、最近の発券量はピーク時の3分の1にまで落ち込んでいたそう です。このため、日本文具振興では「文具券」の販売を今月で中止し、年内いっぱいを期限に廃止することを決定しました。未使用の文具券はおよそ 42億円分あるらしく、年末までは全国の加盟店で利用できます。文具券が使用できなくなる来年以降は、期限を設けて、換金に応じるということです。日 本文具振興によると「今後も需要の拡大が見込めず、役目を終えたと考えている。残っている文具券はできるだけ早めに利用してほしい」とのことです。

日本文具振興が払い戻し手続きをする予定と案内していますが、実際には払い戻しされる日数などまだ確定していないのでできれば年内にご利用が確実です。引き出しに直し込んでいる文具券があったら年内に使いましょう!

詳しくは文具券のサイトで
http://www.bungu-ken.co.jp/

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)