Feed

L-01Fをroot化

Posted on 5月 24th, 2014 in 店長日記 by 店長

LinuxマシンでL-01Fをroot化してみます。
device-2014-05-24-165605

準備するもの
こちらから以下のファイルをダウンロードします。
g2_support_tool V1.6
l01f-KK-KBC-CWM-v6.0.4.8_r1.img
作成者の方どうもありがとうございます。

ダウンロードしてhome/hoge以下に展開しておきます。
l01f-KK-KBC-CWM-v6.0.4.8_r1.imgをg2_support_tool-1.6/files/recoveryに
コピーしておきます。

LinuxマシンとL-01FをUSBデバックケーブルで接続。
ターミナルを立ちあげて、android-sdkにパスを通します。

$ PATH=$PATH:/home/hoge/android-sdk/platform-tools

確認

$ adb devices
List of devices attached
019f205251159491 device

temprootファイルを送り込み実行権を与えます

$ cd /home/hoge/g2_support_tool-1.6/files
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb push tmproot /data/local/tmp/
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell
shell@android:/ $ chmod 755 /data/local/tmp/unlock_security_module
shell@android:/ $ chmod 755 /data/local/tmp/run_root_shell
shell@android:/ $ chmod 755 /data/local/tmp/run_root.sh
shell@android:/ $ chmod 755 /data/local/tmp/get_essential_address
shell@android:/ $ chmod 755 /data/local/tmp/busybox_file
shell@android:/ $ exit

バックアップスクリプトを送り込み実行権を与えます。

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb push backup /data/local/tmp/
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell chmod 755 /data/local/tmp/backup.sh

バックアップスクリプトを実行して端末のバックアップを取ります。

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell
shell@android:/ $ /data/local/tmp/run_root.sh /data/local/tmp/backup.sh

サイズが大きいので10分程度かかります。

出来上がったバックアップをPCに保存します。

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb pull /sdcard/backup/ /home/hoge/L-01F

4GB程度あるので移動させるのに10分程度かかりますよ(笑)

バックアップが終わったらCWMをインストールします。
CWMファイルを送り込み実行権を与えます

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell mkdir -p /data/local/tmp/recovery
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell mkdir -p /data/local/tmp/loki
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb push recovery /data/local/tmp/recovery
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb push loki /data/local/tmp/loki
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell chmod 755 /data/local/tmp/loki/loki.sh
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell chmod 755 /data/local/tmp/loki/loki_tool

実行します

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell /data/local/tmp/run_root.sh /data/local/tmp/loki/loki.sh

[+] Loki flashing complete! と表示されると終了です。

最後にroot化
su関連ファイルを送り込み実行権を与えます

~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell mkdir -p /data/local/tmp/SuperSu
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb push SuperSu /data/local/tmp/SuperSu
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell chmod 755 /data/local/tmp/SuperSu/install_su.sh
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell chmod 755 /data/local/tmp/SuperSu/install-busybox.sh
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell /data/local/tmp/run_root_shell -c "chmod 6755 /data/local/tmp/SuperSu"
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell /data/local/tmp/run_root.sh /data/local/tmp/SuperSu/install_su.sh
~/g2_support_tool-1.6/files $ adb shell /data/local/tmp/run_root_shell -c "reboot recovery"

再起動後にsupersuをインストール

$ cd /home/hoge/g2_support_tool-1.6/files/SuperSu_forHost
~/g2_support_tool-1.6/files/SuperSu_forHost $ adb install eu.chainfire.supersu-193.apk

以上でroot化完了です。

$ adb shell
shell@android:/ $ su -
root@android:/ #

device-2014-05-24-171141

最後にファイルマネージャー等で/data/local/tmp以下のファイルを削除しておきます。

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)