Feed

L01F lollipopにXposedをインストール

Posted on 5月 7th, 2015 in 店長日記 by 店長

試験中のG3改造ファームウエアにG3 TweaksbBoxをインストールしてみました。

DSC_1175

G3 TweaksBoxを使うにはXposedが必要となります。
lollipopの場合、フレームワークはリカバリから手動でインストールするのでアンインストールできません。
元に戻すには、バックアップを書き戻す必要があります。
よって、インストールする前には、必ずバックアップを取っておきます。

LGの端末G3、G2はXposedをインストールするとスマートカバーと天気がクラッシュしますので
あらかじめ、該当アプリをアンインストールするか凍結させる必要があります。
凍結と言っても、ファイル名を変更してあげれば大丈夫です。

ストックの天気アプリは使えなくなるので、使いたい方は、xposedのインストールはやめて下さい。

rootexplorer等を使って
system/priv-app/LGCover.apkをLGcover.apk.bakにリネーム
system/vender/overlay/com.lge.smartcover.apkをcom.lge.smartcover.apk.bakにリネーム

ここからxposedのインストーラーとフレームワークをダウンロードします。
XposedInstaller_3.0-alpha*.apk
xposed-sdk21-arm-*.zip

ここからG3 TweaksBoxをダウンロードします。
[LP]G3 TweaksBox 1.4(BETA5).apk

はじめにXposed Installerをインストール。
次にリカバリからフレームワークをインストール。
最後にG3 TweaksBoxをインストールします。
終了したら、Xposed Installerを起動して、モジュールのG3 TweaksBoxにチェックを入れて再起動。
Screenshot_2015-05-07-22-08-09

再起動後G3 TweaksBoxが使えるようになります。
device-2015-05-07-221802

キャリア名を表示させたり、wifi,バッテリー、アンテナのアイコンと色をかえてみます。
device-2015-05-07-221113

QuickSettingのテーマを変更
device-2015-05-07-221203

電源の拡張メニュー、スクリーンショットが取れます。
device-2015-05-07-221306

再起動の拡張、リカバリーに起動できます。downloadは使用不能
device-2015-05-07-221414

他にもいろいろな機能が使えるようですね。

ちなみにこの方法でG2のlollipopでもxposedはインストール可能です。

(関連記事)

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)