Feed

Code Aurora SWE Browser m57

Posted on 4月 15th, 2017 in 店長日記 by 店長

愛用しているSWE Browser(CAF Browser)をm55からm57にアップデートします。

ビルドの方法が若干変更になっているので、忘れないように書いておく。

まあ、ここを見ればわかるんですけどね・・・

depot_toolsは以前のバージョンで導入しているので割愛

syncする前にdepot_toolsにパスを通しておきます。

PATH=$PATH:/home/hoge/depot_tools

ビルド作業するフォルダーの作成

/home/hoge/swe57

.gclient fileの作成

    

solutions = [
{ "name" : "src",
"url" : "git://codeaurora.org/quic/chrome4sdp/chromium/src.git@refs/remotes/origin/$branch_name",
"deps_file" : "DEPS",
"managed" : False,
"safesync_url": "",
},
]
target_os = ["android"]

※$branch_nameにはビルドするやつを記載 例 m57

/home/hoge/swe57 の中に.gclientで保存

syncします。

$ GYP_CHROMIUM_NO_ACTION=1 gclient sync -v -r refs/remotes/origin/m57

かなり時間かかります。

sync終了したらディレクトリーをチェンジ

$ cd src

ビルドに必要なプログラムの確認

$ ./build/install-build-deps-android.sh

ビルド準備

$ . build/android/envsetup.sh
$ GYP_CHROMIUM_NO_ACTION=1 gclient runhooks -v
$ GYP_CHROMIUM_NO_ACTION=1 gn gen out/Release --args='target_os="android" is_debug=false symbol_level=0'

ビルド

$ ninja -C out/Release swe_browser_apk

ビルド終了したらout/Release/apks以下にswe_browser_apkが出来上がっている。

RR等の標準ブラウザーとして使う場合
out/Release/AOSP以下にAndroid.mkとBrowser.apkが出来ているのでそれらを
ビルドするROMのソースと差し替える。
RRの場合は
home/hoge/RR/packeages/apps/Browser/以下のファイルをすべて削除してAndroid.mk、Browser.apkと入れ替える。
ビルドするとswe_browserがsystemアプリでインストールされる。

リビルドする場合
make clean とか使えない

$ ninja -C out/Release swe_browser_apk -t clean

で消すことができる。

※chrome/java/res/raw/web_refiner_confを変更してadblocking host filesを加えてビルドすると
広告カットされるブラウザーが出来上がる。
RRはそもそもroot端末なのでhostsは自由に変更すればいいのです。

バージョン情報

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)