Feed

今週はローカル選挙ウイーク

Posted on 11月 10th, 2009 in 店長日記 by 店長

今週は店長の地元筑後市の市長選挙の運動期間です。民主党VS自民・公明という衆議院議員選挙と同じ構図になっています。この地は福岡7区にあたり前回の衆議院議員選挙でも全国の注目になった選挙区です。

衆議院選挙の結果はご存知の通りかと存じますが、当筑後市の結果は以下の通りです。(筑後市選挙管理委員会発表)

党 派 名 候補者名 (届出順) 22:00 現 在 22:30 現 在 23:00 現 在 23:30 現 在 0:00 現 在 0:47 結了
民主党 野田 くによし 0 0 2000 6000 14000 14364
自由民主党 古賀 誠 0 0 2000 6000 14000 14294
合 計(票) 0 0 4000 12000 28000 28658
開票率(%) 0 0 13.7 41.1 95.91 100

なんとたった70票差です。しかも民主党。

前回市長選挙は369票差。さて今回の市長選どうなるのか?

以下引用

8日、任期満了にともなう筑後市長選挙が告示された。立候補したのは、届け出順に民主党福岡県第7区総支部が推薦する元筑後市議の弥吉治一郎氏(60)と、自民党筑後支部と公明党が推薦する元副市長の中村征一氏(67)で、無所属新人同士の一騎打ちとなった。

同市長選は、今年8月の総選挙で激戦を展開した自民党・古賀誠代議士と民主党・野田国義代議士の代理戦争の様相を呈しているが、弥吉氏の推薦をめ ぐり民主党県連の内紛に発展。告示前の7日、松本龍民主党県連会長が突然の会長辞任を表明するなど混乱の中での選挙戦突入となった。

この日、弥吉氏の出陣式には野田代議士をはじめ古賀一成代議士、大久保勉参院議員が応援に駆けつけ、民主党挙げての支援体制をアピール。弥吉氏は第一声で、300億円に上る筑後市の借金財政再建と「市民生活最優先の市政」実現などを訴えた。

一方、中村氏の陣営には、古賀誠代議士を支えてきた自民党県議や周辺自治体の首長らが勢揃い。農政連を主力とする組織力を見せつけた。中村氏は「公正・公平・クリーン」をスローガンに現市政の継承、発展を訴えていくという。

古賀VS野田の戦い以上に、県政の大立て者とされる自民党県議が仕切る選挙としても注目が集まっている。

投票は15日で、即日開票される。

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)