Feed

エコマークご存知ですか?

Posted on 2月 25th, 2009 in エコ by 店長

環境商品に表示されているマーク  
エコロジーへのさまざまな取り組みを一目でわかるチェックマークで表示しています。
ここでは文具・紙製品・0A機器についている代表的なものをとりあげてみます。

 エコマーク
eco_logo1
環境を汚さない、環境を改善できる“環境保全商品”としてエコマーク事務局認定によってついています。環境庁の指導のもと「環境手により良い商品」を推奨しようとするものです。再生紙利用の一般事務用品・OA用品の場合、再生パルプの使用率が50%以上のものに認定されます。

グリーンマーク
green
生活に密着した古紙再生利用製品につけられているマークで、紙を原料として使用した紙製品の利用拡大を図り、古紙再生利用の意義を広く人々に確認してもらうためのものです。このようなグリーンマーク事業を通じて、自然環境の保護・森林資源の愛護がなされています。

再生紙使用マーク
r100
ごみ減量化推進国民会議で定められたもので、古紙配合率が容易にわかる表示のことです。R100は古紙配合率100%を意味しています。
※古紙配合率の表示偽造が発覚してからは70%が主流です。

牛乳パック再生紙マーク
milk
回収した牛乳パックを原料としている商品であることを示すマークです。全国パック連によって認定された商品、および強力店であることを示します。牛乳パック(1リットル)30枚で、13冊前後のフラットファイルが作れます (牛乳パック100%使用時の場合)。

環境共生住宅認定制度
g1
適切な森林管理が行われていることを認証する「森林管理の認証」と森林管理の認証を受けた森林からの木材・木材製品であることを認証する「加工・流通過程の管理の認証」の2種類の認証制度です。NPOであるFSC(forest Stewardship Council:森林管理協議会)が運営する国際的な制度です。
※アメリカ・オバマ大統領の就任式の招待状、封筒にFSC森林の認証紙が使われたそうです。

PETボトルリサイクル推奨マーク
g2
PETボトルのリサイクル品を使用した商品につけられるマークです。PETボトルメーカーや原料樹脂メーカーの業界団体であるPETボトル協議会が運営する制度です。

国際エネルギースタープログラム
g3
パソコンなどのオフィス機器について、待機時の消費電力に関する基準を満たす商品につけられるマークです。米国、日本等が協力して実施している国際的な制度です。経済産業省が運営する制度です。

(関連記事)

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)