Feed

Vaioの内蔵カメラを Linux Mint で認識させる

Posted on 8月 8th, 2020 in Linux by 店長

愛用しているVaio VGC-LT71DBの内蔵カメラは使うことがなかったので放置していたのですが、コロナの影響でオンラインなんちやらとか
使う機会が出てきたので使えるようにします。

そもそもVaio VGC-LT71DBは10年以上も前の機種でWindowsで使うには限界があったので
Linux Mintをインストールしてずっと使ってます。※Mint12〜Mint20に至る。
Mint20でも快適に動作します。

内臓のWebカメラを使おうにも認識してなくて"デバイスはありません"みたいな表示が出ます。
ドライバーがうまく読み込まれてないようです。

コマンドでlsusbしてみると

tetsuya@tetsuya-VGC-LT71DB:~$ lsusb
Bus 002 Device 003: ID 0bb4:0c81 HTC (High Tech Computer Corp.) 601HT
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 002: ID 046d:c019 Logitech, Inc. Optical Tilt Wheel Mouse
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 002: ID 05ca:1839 Ricoh Co., Ltd Visual Communication Camera VGP-VCC6 [R5U870]
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 004 Device 002: ID 054c:024b Sony Corp. Vaio VGX Mouse
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 003 Device 002: ID 054c:02ef Sony Corp. Sony IR Receiver
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub

カメラはリコーのVGP-VCC6 [R5U870]のようです。
検索したらこちらにドライバーのソースが公開してあるので入手してビルドします。

ビルドに必要なもの

GCC
Automake
libusb development packages (libusb-dev or similar)
GLib 2.0 development packages (libglib2.0-dev or similar)

まずは上記をインストール

$ sudo apt-get install libglib2.0-dev libusb-dev build-essential gcc automake mercurial

ソースをコピーします。

$ hg clone http://bitbucket.org/ahixon/r5u87x/

コピーしたディレクトリに移動します

$ cd r5u87x

makeします。

$ make

インストールします。

$ sudo make install

ドライバーを読み込みます

$ sudo r5u87x-loader --reload

以上で完了。無事に内蔵カメラが認識されました。

 


トラックバック URL

コメントはまだありません

最初のコメントをどうぞ!

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)