Feed

L01F CM13にSuperSUをインストール

Posted on 2月 7th, 2016 in 店長日記 by 店長

しばらく、仕事が忙しかったので久しぶりの更新です。

L01FもCM13がリリースされて、android6.0の環境が手に入るようになってますね。
ただし最近はNigtlyの更新も止まっているようですが・・・

個人的にはしばらく11MのstockROMを使ってたので久しぶりにCM13を焼いてみました。

CM13の場合、最初からオリジナルのSUが導入されているので問題はないのですが
SuperSUの方が使い慣れているので、入れ替えたいと思います。
device-2016-02-07-164250

android6.0の場合、SELinuxがEnconfigモードになっているので従来のSuperSUは導入できないですね。
いちばん簡単なのはカーネルをPermissiveモードでビルドすればいいわけでして・・・
セキュリティが甘くなりますから嫌う人もいるでしょう。

しかしSELinuxがEnconfigモードのカーネルに最新のSuperSU v2.67をリカバリから書き込むと
Secure booting error になって起動できませんねぇ(笑)
20150529_173042

v2.62以降のSuperSUの場合は、ramdiskの中に展開する仕様になっているようで
boot.imgが一度分解されて、リパックされてます。
要するにbumpパッチが当たってないのでSecure booting errorになるのかな。

エラー回避の為にこの辺を参考にパッチを作ってみる。

#!/sbin/sh
printf '\x41\xA9\xE4\x67\x74\x4D\x1D\x1B\xA4\x29\xF2\xEC\xEA\x65\x52\x79' >> $1

をcustom_boot_image_patch.shで保存。

出来上がったcustom_boot_image_patch.shをadbなりファイラーなりで/data/以下にコピーします。
パーミッションは755にしておきます。

あとはリカバリからSuperSUを書き込んで終了。
Screenshot_2016-02-07-16-50-22

再起動するとSuperSUがインストールされています。
device-2016-02-07-165319

※SUバイナリのスクリプトはramdiskの中にあって/system以下にはないので、
ROMのアップデートやkernelのアップデートを行った時には操作をやり直す必要があります。

 
«