Feed

Galaxy S3α SC-03Eのテザリング開放

Posted on 4月 12th, 2013 in 店長日記 by 店長

ドコモのスマートフォンで他社のSIMを使ってテザリングをするにはひと工夫が必要です。
というのは、テザリング機能をONにすると、通常では表示されない隠れたAPNである「dcmtrg.ne.jp」に強制的に変更されます。
これによってドコモはユーザーのテザリング利用を確認し、テザリング料金を適用させる仕組みのようです。上限額8,190円/月
SC-03Eもそうですが、MVNOであろうが、海外SIMであろうが、テザリング設定をしても、通信できない糞仕様となってます。
ドコモの白ROMを手に入れて、格安運用をしようとすると罠にハマっちゃいますね。

というわけで、テザリングを開放設定をしちゃおうとするわけですが
SC-03Eの場合まずAPNの設定はどこにあるかというと /system/framework/framework-res.apkの中にあります。

まず、adb pull /system/framework/framework-res.apk /home/hoge でPCにコピーします。
framework-res.apkをapktoolを使ってデコンパイル。
/res/values/strings.xmlをエディタで開きます。
apndataで検索

ちなみにJBのカスタムROMであるCM10のframework-res.apkでは<string name="config_tether_apndata" />
とだけ記述されています。
テザリングにはAPNの設定を使用するってことでしょうか・・・

SC-03Eのframework-res.apkでは
<string name="config_tether_apndata">docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,supl</string> と記述されています。
※docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,suplはAPN設定を記しています。

わかりやすく書くとこんな感じね

APN設定
名前:docomo_hotspot
APN:dcmtrg.ne.jp
プロキシ:未設定
ポート:未設定
ユーザー名:未設定
パスワード:未設定
サーバー:未設定
MMSC:未設定
MMSプロキシ:未設定
MMSポート:未設定
MCC:440
MNC:10
認証タイプ:未設定
APNタイプ:default,supl

CM10と見比べるとわかるように、テザリングのAPN設定にdocomo_hotspotが書き加えられ強制接続されるので
ドコモ以外のSIMではテザリングができない仕様になっています。

そんなわけで、CM10にならって、docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,supl を削除してテザリングを開放します。
削除したら上書き保存します。
上書き保存したら、コンパイルし直します。

出来上がったframework-res.apkをadbで/sdcard/に送り込みます。

adb push /home/hoge/framework-res.apk /sdcard/
adb shell
$ su -
# cd /sdcard/
# cp framework-res.apk /system/framework/
# chmod 644 /system/framework/framework-res.apk
# exit
$ exit
adb reboot

息子のiphone4Sの黒SIMを借りてテストしました。
まずsoftbankのAPNを追加します。
データ通信はちゃんとできているのを確認
Screenshot_2013-04-11-22-23-26

設定→その他の設定→テザリングと辿って、Wi-Fiテザリングをオンにします。
Screenshot_2013-04-11-22-25-47

Nexus7をつないでみるとちゃんとネットにアクセスできました。
Screenshot_2013-04-11-22-25-58

無事にテザリングが開放できたようです(笑)

 
«