Feed

L01F 文鎮からの復旧方法

Posted on 8月 19th, 2015 in 店長日記 by 店長

最近、文鎮からの復旧方法について問い合わせが多いので
とりあえず、簡単にまとめておきます。

内容としては端末が起動できない、画面が真っ黒、
リカバリーモードに入れない、
fastboot modeも起動しない、
ダウンロードモードも起動しない、
PCにつなぐとディスクパーテーションがたくさん現れる。
とにかくお手上げ状態になってしまう感じ
こんな状態。
キャプチャ

まあ、きちんと手順を踏んでROM焼きすれば文鎮にはならないんですがね・・・

通常はLinuxに繋いで、ddでパーテーションをコピーすれば簡単に治るのだけど
Windowsではそもそもddとかないですよね。

ググってみたらdd for Windowsなるものがあったので
こいつを使えば、なんとかなりそう。

※物理ディスクについて

物理ディスクは、ディスク全体を示し、次のように指定します。

\Device\Harddiskx\Partition0
シンボリック・リンク名\\.\PhysicalDrivexは、コンピュータ内のすべてのハード・ディスクに対して、Windowsによって自動的に定義されます。たとえば、3つのハード・ディスクがあるコンピュータには、次のシンボリック・リンクがあります。

\\.\PhysicalDrive0
\\.\PhysicalDrive1
\\.\PhysicalDrive2
これらの名前は、内部的に次のように展開されます。

\\.\PhysicalDrive0 =\Device\Harddisk0\Partition0
\\.\PhysicalDrive1 =\Device\Harddisk1\Partition0
\\.\PhysicalDrive2 =\Device\Harddisk2\Partition0

重要
つまりPCのHDDが1枚の場合にL01FをつなぐとHarddisk1になる。
HDDが2枚の場合にL01FをつなぐとHarddisk2になる。

早速、検証のために文鎮にしちゃいました。(笑)

準備するもの
dd for windows
http://www.chrysocome.net/dd
dd-0.5.zip をダウンロード

L01F11Kのbootloader
sbl1.img
dbi.img
aboot.img
rpm.img
boot.img
tz.img
laf.img
recovery.img

recovery.img以外は、L01F11Kroot.zipの中に入ってるのでOK
recovery.imgはここから
http://blastagator.ddns.net/twrp/2-8-7-1.php
l01F用をダウンロード。

作業用のフォルダーを作る
例 C:\restore 好きなように

C:\restore以下にdd-0.5.zipを展開
sbl1.img
dbi.img
aboot.img
rpm.img
boot.img
tz.img
laf.img
recovery.img
も同じ場所にコピーしておきます。
キャプチャ7

コマンドプロンプトを起動

cd c:\restore

ここからddコマンドを使います。
書き込み先は
sbl1.imgはパーテーション2
dbi.imgはパーテーション3
aboot.imgはパーテーション5
rpm.imgはパーテーション6
boot.imgはパーテーション7
tz.imgはパーテーション8
recovery.imgはパーテーション15
laf.imgはパーテーション24
となります。

ddコマンドは以下の通り

dd if=sbl1.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition2

dd if=dbi.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition3

dd if=aboot.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition5

dd if=rpm.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition6

dd if=boot.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition7

dd if=tz.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition8

dd if=recovery.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition15

dd if=laf.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition24

HDDが2枚ある場合は\Device\Harddisk2\Partition*とします。

コピペで一個ずつやってもいいですが、restore.batとかで走らせたほうが楽。
キャプチャ6

終了したら電源長押しで再起動。

そのままほったらかしにしておくと2回目の再起動後にTWRPが起動してきます。

android5.0系にしたいならL01FD80230d.zipを焼く。

android4.2系にしたいならL01F11Kroot.zipを焼く

初期化したいなら、ダウンロードモードから、totかkdzを焼く。

この端末は、物理的に壊れない限り復旧できちゃいますね。

(関連記事)

 


トラックバック URL

コメント:70個
  1. chiponekoより、 2015/8/23 日曜日:

    こんばんは。
    これは判りやすく、コピペでだけで簡単復旧できますね。ありがとうございます。

  2. 店長より、 2015/8/24 月曜日:

    chiponekoさん

    どういたしまして。

    まあ、この端末は文鎮にはならないので、ROM焼きし放題ですね。

  3. cubraより、 2015/9/2 水曜日:

    こんにちは、いつも参考にさせていただいております。
    l-01fをlolipop化しようとおもい、twrp導入→kkbootstackを導入後、再起動したのですがファクトリーリセットからyes2回ですすんでも、yukari-netさんの記事で出ていた

    >内容は
    >secure booting error
    >cause:boot certification verify
    >です。

    にもどってしまい、twrpが起動できなくなったしまいました。
    この場合はなにか復旧方法って考えられますでしょうか?downloadモードがつかえないので、pcとも接続できず・・・・なにかアドバイスをいただけましたらさいわいですm(__)m

  4. 店長より、 2015/9/2 水曜日:

    cubraさん

    twrp導入→kkbootstackを導入後、再起動ということはROMを焼いていないってことでしょうか?

    ROMを焼いてないならsecure booting errorになるでしょうね。

    secure booting errorの表示の後画面が真っ黒になると思いますが、その時にUSBケーブルでPCに繋ぐと
    上記の記事のようにディスクパーテーションがたくさん現れます。

    あとは、記事の通りに作業すれば復旧できますよ。

    ※JBからLPにするときはL01FD80230d.zipを焼くのが一番簡単かと思います。
    導入後に他のROMを焼けば文鎮化するリスクは減ると思います。

  5. cubraより、 2015/9/2 水曜日:

    早速のお返事ありがとうございます。

    後ほどやってみます!m(__)m

  6. americaより、 2015/9/27 日曜日:

    こんにちは、いつもブログを参考にさせていただいている者ですm(_ _)m

    cloudyの焼き方を間違えて、文具屋さんのようなfast bootもabdにも接続できない、download modeも起動できない状態になり、このブログに従って修復しようとしたのですが、L01Fをパソコンに指しても、デバイスマネージャにQHSUSB BULKと表示されますが、上の画像のようにディスクとして認識できず、マイコンピュータに一切表示されません^^;
    どうすれば認識できますか?

  7. 店長より、 2015/9/28 月曜日:

    americaさん

    cloudyの焼き方を間違えたとのことですが、もう少し詳しく経過を教えていただけませんか?

  8. keijindohより、 2015/10/6 火曜日:

    いつも拝見させて頂き、勉強にさせて頂いております。ありがとうございます。

    持っているのはL01FではなくD800(AT&T)なのです(スイマセンお安かったので)が、とても勉強になります。
    買ってからはBlickしまくり、させまくり(文鎮って言葉好きでない)で来ました。まだ買ったばかりなのでイマイチ分かっていません。
    これを買うまではxperiaやgoogleのnexusを使っていたのですが、お作法が随分と違うのですねぇ機種によって。

    Blickしても、これまではその都度LG Flash Toolでtotを焼いて、別に問題にもなりませんでした。
    が、今回download modeにすら出来なくなり、さすがに参りました。

    正直に言ってfast bootが出来なくてdd出来るのか?と思いましたが(生意気言ってご勘弁)、出来ますねぇ!!
    あっさりパーテーションに書き込む事が出来、ウソの如くに復活しました。一時期途方にくれたので、自分としてはウソの様なのです。

    この記事を上げて頂き、本当に感謝に絶えません。ありがとうございますといくら言っても足りません。
    本当にありがとうございます。

    勝手を言うようで恐縮ですが、お時間がありましたらlokiとbumpの話もして下さると大変有難いと思います。

  9. いちかより、 2016/1/27 水曜日:

    いつも楽しみにブログ見てます。
    この方法で文鎮化から復旧できました。

    自分のpcはhddが3枚あるので
    \Device\Harddisk3\Partition*
    で試したところエラーが出てしまいました。
    なのでhddを1枚抜き、Harddisk2に変え試したところ成功しました。

    ご存知でしたら申し訳ありません。

  10. 店長より、 2016/1/28 木曜日:

    いちかさん

    情報有り難うございます。HDD3枚は試したことなかったので参考になります。

  11. みきより、 2016/2/26 金曜日:

    店長さん

    上記とは少し違うのですが、Bliss ROM(LP)を使用しており、
    これのMM版をリカバリから焼いたところ、ソフト文鎮になってしまいました。
    そこで、
    fastboot flash boot D:\・・・・・・\boot.img
    および
    fastboot flash recovery D:\・・・・・・\recovery.img
    bootもrecoveryも
    https://www.androidfilehost.com/?w=files&flid=24410
    のrecovery、CM13.0 d802_to_l01fから取得したものです。
    リブート後、ブートループとなってしまい、リカバリにも↑+電源、↓+電源で入れない状態です。何かいい手は無いでしょうか・・・。

  12. 店長より、 2016/2/27 土曜日:

    みきさん

    L01F用以外のROMをそのまま焼いたらKernelがちがうのでfastbootで起動します。焼くときに一緒にCM13.0 d802_to_l01fを焼かないといけないですよ。

    ブートローダーはどれを使ってるのかがわからないのですが
    L01FD80230d.zipを焼いてLPにしたのであれば
    リカバリモードの入り方は下記の方法になります。
    1. 電源を切る
    2. 電源ボタン+ボリュームダウンボタンをLGのロゴが出るまで押す
    3. LGのロゴが出たら両方のボタンを外して、すぐにボリュームダウンボタン+ボリュームアップボタンを押す。
    4. FactoryResetの画面が現れたらYesボタンを2回押す
    5. TWRPが起動する。

  13. みきより、 2016/2/27 土曜日:

    店長さん

    ご返信ありがとうございます。
    上記手順でもリカバリには入れませんでした。
    リカバリなり、ダウンロードモードが動かなければ手が付けられないですよね。

  14. 店長より、 2016/2/28 日曜日:

    みきさん

    boot.imgを書き換えるだけで直ると思うのですが
    ブートループならPCからも認識しないでしょうから
    物理キーでリカバリが起動できない今の状態ではお手上げですね。

  15. akiraより、 2016/4/2 土曜日:

    すみません、助けてください。

    この記事を元にddコマンドで復旧を試みましたが
    ドコモロゴの後のxiロゴのところで止まってしまいます。

    ちなみにboot.imgはL01F11krootのdocomoフォルダにあるものを使用すればよいですよね?

    なにか解決手段あれば、教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

  16. 店長より、 2016/4/2 土曜日:

    akira さん

    docomoのロゴの後のxiで止まるということは、android4.2のブートローダーは復旧しているはずです。

    手動でリカバリも起動できるのではないですかね?
    android4.2の場合は、vol下+電源ボタン長押しでリカバリが起動しませんか?
    リカバリが起動したら記事のとおりにROMを焼けば良いと思います。

    もしくは、ダウンロードモードから、totかkdzを焼けば初期化出来ると思います。

  17. akiraより、 2016/4/2 土曜日:

    店長様

    お返事ありがとうございます。
    手動でリカバリも起動でき、L01F11Krootを焼きました。

    そこまではうまくいったのですが、今度はLGのロゴで
    止まってしまいます。青と緑のインジケーターが点滅しています。

    ダウンロードモードや、twrpも起動できなくなってしまいました。
    ADBで認識できないので、ddコマンドでのダウンロードモードにはいれるようにすることもできなくなってしまいました。

    おそらくどこかが間違っているのでしょうがよく分かりません。
    何か分かればよろしくお願いします。

  18. 店長より、 2016/4/2 土曜日:

    akira さん

    L01F11Krootを焼いたのであれば、docomoロゴとXiロゴがブートアニメーションになります。
    LGのロゴで止まるなら、別のROMを焼いたのではないでしょうか・・・
    もしL01FD80230d.zipを焼いたのであれば、リカバリのは入り方は以下の方法になります。
    ※ダウンロードモードは入れません。

    1. 電源を切る
    2. 電源ボタン+ボリュームダウンボタンをLGのロゴが出るまで押す
    3. LGのロゴが出たら両方のボタンを外して、すぐにボリュームダウンボタン+ボリュームアップボタンを押す。
    4. FactoryResetの画面が現れたらYesボタンを2回押す
    5. TWRPが起動する。

    L01F11Krootを焼くときは必ずフルワイプ(System,cache,dalvik,data)してください

  19. akiraより、 2016/4/2 土曜日:

    店長様

    お返事ありがとうございます。
    いろいろ試してみたところ、リカバリの入り方が間違っていたようでした。TWRPも起動し、CM13もインストールすることができました。
    お騒がせして申し訳ありません。勉強し直してきます。

    この度は本当にありがとうございました。

  20. ただの思いつきより、 2016/4/5 火曜日:

    ちょっと思いついたのですが、
    各パーティションのファイルを用意できればLGL22など他のLG機でも復活できるようになりませんか?
    KDZ and TOT Extractorというのを見つけたのですが、これを利用してimgファイルを作成できないでしょうか?

  21. おっさんの小学生より、 2016/4/6 水曜日:

    >ただの思いつきさん

    普通に出来ますよ。root取るとき有志のツールを使ったならばバックアップ項目があり、バックアップを取ると各binファイルが作成されるのをimgに変えるだけでいいです。

    現にL01FもLGL22も所有してますが、どちらも復旧ツールで必要なファイルさえ入れておけば、ほぼワンクリックで復旧できます。(LGL22も復旧済みです)

  22. BootCampより、 2016/5/5 木曜日:

    こんにちは

    >>いちかさん
    >自分のpcはhddが3枚あるので
    >\Device\Harddisk3\Partition*
    >で試したところエラーが出てしまいました。
    >なのでhddを1枚抜き、Harddisk2に変え試したところ成功しました。

    MacBook Pro上のBootCampで作業しているのですが、内蔵HDDが4台という構成で同じ?状態です
    ストレージを簡単に取り外せない状態なので、
    やっすいWindowsマシンを仕入れてくるか? 
    それとも友人宅で作業させてもらうかと頭が痛くなってきました(笑)

  23. BootCampより、 2016/5/5 木曜日:

    とぼけてました(汗
    Macなんで標準でddいけますね。Unixマシンだし。
    てかいけましたw
    正しいかどうかわかりませんが
    (2つHDDがあるのでdisk2になっています。0からスタートなので)

    sudo dd if=sbl1.img of=/dev/disk2s2
    sudo dd if=dbi.img of=/dev/disk2s3
    sudo dd if=aboot.img of=/dev/disk2s5
    sudo dd if=rpm.img of=/dev/disk2s6
    sudo dd if=boot.img of=/dev/disk2s7
    sudo dd if=tz.img of=/dev/disk2s8
    sudo dd if=recovery.img of=/dev/disk2s15
    sudo dd if=laf.img of=/dev/disk2s24

  24. 店長より、 2016/5/5 木曜日:

    BootCamp さん

    おっしゃるとおり
    Macならターミナルからddコマンド使えますよ。
    復旧できてよかったですね

  25. ユウキより、 2016/5/9 月曜日:

    お助けください。

    LGL22で同じ状態になってしまったのですが上のコマンド打ってもErrorとでるのですがどうしたらよいでしょうか?

  26. 店長より、 2016/5/10 火曜日:

    ユウキさん

    エラーの内容を書いていただかないと、わかりかねます。

    復旧用のファイルはLGL22用を使っていますか?

  27. anより、 2016/7/1 金曜日:

    はじめまして、いつもブログ拝見させていただいています。
    KK bootloader導入の際にROMを入れないままTWRPからReboot Recoveryをしてしまい、これと同じ状態になってしまいました。
    最初はL01F secure booting errorの記事を参考に復旧を試みたのですが、su権限をとっておらず、復旧が不可能でした。
    そのため、こちらの復旧方法を試したのですがdd if=~~を走らせた際に「Error native opening file: 0 この操作を正しく終了しました。」とのエラーが出てしまい、復旧ができません。
    HDDは1枚しか積んでいないため、Harddisk1で間違いないはずなのですが…
    原因等わかりましたらよろしければご教授をよろしくお願いします。

  28. 店長より、 2016/7/2 土曜日:

    anさん

    PCにusbメモリーとかSDカード、外付けHDDに等は挿さってないですよね?
    もし挿さっていたら、そちらがHarddisk1と認識されますよ・・・

    KK bootloaderがどれを書き込んだかわからないのですが、
    ※(bootloaderによってリカバリの入り方が違います)
    TWRPはインストールされている状態のようなのでボリューム上+電源長押しで起動して、LGの画面が表示されたら一度両方のボタンをはずして、
    すぐにボリューム上+電源を押すで
    TWRPが起動しないでしょうか?

    起動できるならL01F11Kroot.zipを焼けば、元に戻せると思いますが

  29. anより、 2016/7/3 日曜日:

    お返事ありがとうございます。
    外付けハードディスクなどは使用していません。

    TWRPは物理キーでどうしても入れず、LGのロゴ画面でadbが通ったのでadb reboot recoveryを行なったところ

    secure booting error
    cause:boot certification verify

    と表示されてしまい、ディスクパーティッションが大量に表示されるという状況でした。
    KK bootloader、TWRP共にkyasu氏制作のものを利用しています。

  30. 店長より、 2016/7/5 火曜日:

    anさん

    LGのロゴ画面でadbが通ったというのも腑に落ちないのですが

    adb shell でsuを叩いても rootにはなれないんですよね?

    rootなれるならddコマンドも使えるんでしょうけど

    Harddisk1でうまくいかないなら、別のPCで試してみるとかの方法しか思いつかないですね・・・・

  31. タケゾウより、 2016/8/11 木曜日:

    初めまして。こちらのサイトを参考に、パーテーションがたくさん現れる文鎮化したl-01fを復旧しようと上記の手順を踏んだのですが、ddコマンドを打つと一行下にコピペしたように、まったく同じ文字列が表示されるだけで先に進みません。

    初歩的な質問ですいませんがコマンドを打つのはdd.exeで良いのですよね?その際adbの様にパスを通す必要はあるのでしょうか。またHDDにパーティーションを切っている場合それも
    勘定にいれるんですよね。
    御教授の方をお願いします。

  32. 店長より、 2016/8/12 金曜日:

    タケゾウさん

    コマンドはdd.exeでは、おっしゃるような症状になるので
    dd if=sbl1.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition2
    のようにすればいいと思いますけど

    パスを通すというより、dd.exeがあるディレクトリに移動して作業するだけです。
    例 C:\restore

    HDDのパーティーションは関係ありません。

    ddコマンドは if= コピーするファイル of=コピー先の場所

  33. タケゾウより、 2016/8/12 金曜日:

    今晩は。早速のご返答ありがとうございます。
    パーティーションは関係ないのですね。
    症状もあっているのですか。
    dd if=sbl1.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition2と入力した後、上記の画像のようなrawwrite~と出ないので
    失敗かなと思っていました。熟考、選定後にもう一度挑戦してみようと思います。また行き詰ってしまったらどうか相談にのって下さい。
    ありがとうございました。

  34. わからないより、 2016/8/28 日曜日:

    教えていただけたら幸いです。
    上記のようにやってみたのですが、どうしてもパーティション7のところで、
    Error reading file: 87 パラメーターが間違っています。
    と出てしまいます。
    対処法ありましたら宜しくお願い致します。

  35. 店長より、 2016/8/31 水曜日:

    Error reading file: 87は見たことがないので、検証しようがないのでわかりかねます。

    パーティション7だけエラーになるのでしょうか?
    他の部分はddで書き込めるなら、boot.imgに問題があるのかも?

    他のパーテーションがddで書き換えられるなら、再起動させるとfastbootモードで起動してくると思うので、fastbootからboot.imgを書き換えられるかもしれませんね。

  36. ひでより、 2016/11/15 火曜日:

    CM11からCM13へバージョンアップしようとしたのですが
    操作ミスをしてしまい、以下エラーMSGが表示され、リカバリモードも起動しなくなってしまいました。
    また、パソコンにUSB接続してもコンピュータに何もドライブが表示されません。
    何か良い方法はあるでしょうか?ご教授お願いいたします。

    ■エラーMSG
    secure booting error
    cause:boot certification verify

    ■操作した手順
    1.カスタムリカバリ(CWM)を起動
    2.CWMでKitKat対応カスタムリカバリをinstall zipからインストール
     ※「reboot recovery」からリカバリを再起動せず
    3.CWMでKK bootstackをinstall zipからインストール
    4.電源OFF/ON
    5.エラーMSGが出るようになる

    ■リカバリモード
    ・電源ボタン+ボリューム上を同時押しで上記エラーMSG表示
    ・電源ボタン+ボリューム下を同時押し+音量上下同時押しで「Factory data reset」が表示
     ->Yes2回押しで上記エラーMSG表示

  37. 店長より、 2016/11/16 水曜日:

    ひでさん

    リカバリも起動しない、USB接続してもコンピュータに何もドライブが表示されないなら手のつけようがないですね。

    PCのデバイスマネージャでQualcomm HS-USB QDLoader 9008 modeで認識されているなら、flashするのは可能かもしれませんけど・・・

  38. ひでより、 2016/11/16 水曜日:

    お返事ありがとうございます。

    ご指示頂きましたデバイスマネージャを確認いたしましたが、それらしいものは発見できませんでした。
    あきらめるしかないようです。
    ご教授ありがとうございました。

  39. ひでより、 2016/11/19 土曜日:

    変化がありましたので再度投稿させていただきます。
    PCとの接続に使用していたUSBケーブルを変えたところ、新しいハードウェアを認識いたしました。
    しかしながら「QHSUSB_BULK」でドライバーが自動インストールできないとこで止まってしまいます。
    LGのサイトでドライバ(LGMobileDriver_WHQL_Ver_4.1.1.exe)をダウンロードしてインストールしてみたのですが、やはりQHSUSB_BULK」でドライバーが自動インストールできないとこで止まってしまいます。

    何か良い方法はあるでしょうか?ご教授お願いいたします。
    ちなみに使用しているPCはWindowsXPです。

  40. 店長より、 2016/11/19 土曜日:

    ひでさん

    ドライバーは手動で更新する必要があります。LGのドライバーではなくQualcomのものです。下記の場所からダウンロードして下さい。

    復旧の手順は以下を参考に
    http://forum.xda-developers.com/lg-g2/general/fix-unbrick-lg-g2-stuck-qualcomm-hs-usb-t2933830

    必要なものは

    Qualcomm HS-USB QDLoader 9008(ドライバ)
    https://mega.co.nz/#!HRFzGZRZ!LC3b9RlqiAldBk63KIeS5G0dtJMbpDkAwD_Pn0-aXiw

    L01F用totファイル
    https://mega.nz/#!6J0nXLwD!LLq4MAn0V6OL7yCr4wNzECaiftzz_n2EVZ06iS4k394

    flash用ツール BoardDiag3.99c.zip
    http://forum.xda-developers.com/attachment.php?attachmentid=3007071&d=1415553921

    説明が英語ですが、よく読んで手順通りにやれば、復旧できると思います。
    頑張ってみて下さい。

  41. ひでより、 2016/11/21 月曜日:

    ご返信いただき有難うございます。

    ご指示いただきましたQualcommのドライバーをインストールしましたら、
    デバイスドライバーでQualcomm HS-USB Diagnostics 9006(COM3)と表示されるようになり、複数のドライブを表示するようになりました。

    しかしながら、Flashツール(BoardDiag3.99c.exe)から[AP check]を実行すると以下エラーメッセージが出てしまいます。
      Device was not found in dload trying flash programmer
      TEST aborted!!

    デバイスドライバーが9008では無く9006になっているせいではないか?
    と思うのですがいかがでしょうか?

    度々お手数お掛けしますがご教授お願いいたします。

  42. 店長より、 2016/11/22 火曜日:

    複数のドライブが表示されるのなら、この記事の通りddで修復できませんか?

  43. ひでより、 2016/11/23 水曜日:

    店長様
    お返事ありがとうございます。

    この記事の内容でdd修復する事ができました。
    一時は文鎮化とあきらめておりましたが、おかげさまで復旧する事ができました。
    この度は本当にありがとうございました。

  44. amigoより、 2016/12/4 日曜日:

    こんにちは、いつも拝見しております。

    先日cm-14.1-20161119-UNOFFICIAL-l01fを焼いて使用しておりました。

    Titaniumが「root権限ではない」ということで使用していたアプリのリカバリができなかったので、もとのバージョンに戻そうとadbコマンドからなんとかtwrpを起動し、もとのandroidバージョンにもどし再起動しました。
    すると、起動時の「LG」のマークがブルブル震え、画面が真っ暗になり、何も表示されず、ただボリュームキーによる音量が操作できたり、PCにつなぐとストレージが見れたりと、きっと画面に映らないが、androidは起動していると思います。

    ADBコマンドは、利きません。ADB shellはエラーでした。
    PCにつないで電源+ボリューム上でもdownload modeになりません。赤チカ点滅します。
    twrpも起動しません。

    なにか復旧方法があればご教示いただけませんか?

  45. 店長より、 2016/12/5 月曜日:

    amigoさん

    >Titaniumが「root権限ではない」ということで使用していたアプリのリカバリができなかったので、
    >もとのバージョンに戻そうとadbコマンドからなんとかtwrpを起動し、
    >もとのandroidバージョンにもどし再起動しました。
    TitaniumはNougatではうまく動かないような報告が上がってます。最新版をつかわれたのでしょうか?
    もとのandroidバージョンとは?

    >すると、起動時の「LG」のマークがブルブル震え、画面が真っ暗になり、
    >何も表示されず、ただボリュームキーによる音量が操作できたり、
    >PCにつなぐとストレージが見れたりと、きっと画面に映らないが、androidは起動していると思います。

    電源長押しで再起動させても同じ現象ですか?

    >ADBコマンドは、利きません。ADB shellはエラーでした。
    >PCにつないで電源+ボリューム上でもdownload modeになりません。赤チカ点滅します。
    >twrpも起動しません。
    download modeへは入れません。仕様です。

    TWRPの起動は下記の方法となりますが、試されましたか?

    1. 電源を切る
    2. 電源ボタン+ボリュームダウンボタンをLGのロゴが出るまで押す
    3. LGのロゴが出たら両方のボタンを外して、すぐにボリュームダウンボタン+ボリュームアップボタンを押す。
    4. FactoryResetの画面が現れたらYesボタンを2回押す
    5. TWRPが起動する。

  46. amigoより、 2016/12/6 火曜日:

    結論から言うと、おかげさまでTwrp起動しました。L01FD80230dを焼いて、使えるようになりました。

    何度も言われた操作をしていたのですが、文具屋さんの言われた通りの操作を焦らずに行ったら。

    ちなみに元のtwrpでバックアップしていたのはバージョン は4.2です。

    7.1にあげるときにL01FD80230dを導入ているのに更に下げたのがよくなかったと思います。

  47. 店長より、 2016/12/8 木曜日:

    amigoさん

    android4.4以上から4.2への直接のダウングレードは出来ません。
    TWRPのバックアップを4.2に戻す時は、まず4.2のストックROM(L01F11Kroot,L01F11mroot)を焼いてあげて、その後リカバリからバックアップをリストアします。
    また、4.2のストックROMに戻ればdownload modeも起動できます。

  48. yanjingより、 2016/12/9 金曜日:

    店長様

    こんにちは。

    文鎮化したLGL22を復旧しようとして、文具屋さんネットに辿り着きました。
    何かヒントを頂ければ幸いです。

    文鎮化したのは、LGL22に間違ってL01Fのkdzを焼いてしまったためです。
    以下、その後の流れです。

    1.文鎮化直後
    ・起動するとdocomoのロゴ、すぐ再起動のループ
    ・Download modeに入ってもすぐに再起動
    ・どうにかしてPCにつなぐとドライブがいっぱい状態になる

    2.貴ブログの記事を参考に、以下の記事のコメント内にあるLGL22用のimgをddで書き込む
    http://www.bunguyasan.net/dialy/kiji3134.html

    ・起動するとauのロゴ、その後画面真っ黒で緑のランプ点滅
    ・Download modeに入れるようになる
    ・Recovery modeに入ると、secure booting errorと表示され、すぐに真っ黒でランプなし
    ・上記真っ黒ランプなし状態でPCにつなぐとドライブいっぱい

    3.Download modeで繋いでLGMobile Support Toolを試す
    ・「最新です」となる

    4.Download modeで繋いでLGFlashToolでtot焼きを試す
    ・Download FAIL!! となる
    ・Device Model is different!
    ・DeviceがL01FでDLLがLGL22となっている

    5.Download modeで繋いでLGFlashTool2014でkdz焼きを試す
    ・Upgrade stopped due to an error. となる

    6.ddにてimgファイルを書くとき、modem.imgとpersist.imgが触れられていないことに気づく
    ・他ブログを参考にmodem.imgをパーティション1に書こうとする → 書き込み禁止
    ・他ブログを参考にpersist.imgをパーティション14に書こうとする → パラメータエラー

    7.jdkとAndroid studioをインストールしてpathを通し、LGL22をドライブいっぱい状態で繋ぐ
    ・コマンドプロンプトで「adb shell」 → no device/emulators found

    8.今ココ

    突然のお願いで大変恐縮ですが、何か復旧のアイディアがありましたらご教示頂けると幸いです。

  49. 店長より、 2016/12/10 土曜日:

    yanjingさん

    どういう理由でLGL22にL01F用のkdzを焼いてしまったんでしょうね?

    L01F用のkdzを焼いたということはsystemもL01Fの状態になっているということです。

    その後
    >LGL22用のimgをddで書き込む
    これはboot関係のみの復旧用のファイルです。

    つまり、boot関連はLGL22でsysytemはL01Fという状態になっているものと察します。
    それが原因で4のように
    >Download modeで繋いでLGFlashToolでtot焼きを試す
    >Download FAIL!! となる
    >Device Model is different!
    >DeviceがL01FでDLLがLGL22となっている
    なってるのではないですかね。

    sysytem部分を書き戻してあげると、totとか書き込めるようになるのではないかと推測します。
    あわよくば、そのまま起動できるかもしれませんけど・・・
    現物がないのではっきりとは言えませんけどね。

    7の状態
    >LGL22をドライブいっぱい状態で
    ならば、ddコマンドが使えるはずなので、system.imgを書き戻せると思います。
    書き込み先は
    system.imgの場合L01Fと同じならばパーテーション33と思います。
    詳しくは実機がないのでわかりません。

    パーテーション33の場合ddコマンドは
    dd if=system.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition33
    になります

    system.imgはバックアップを持っているのであれば、それを使えばいいです。
    ない場合は、kdzやtotファイルから抜き出す必要があります。

    以上です。

  50. yanjingより、 2016/12/13 火曜日:

    店長様

    ご返信ありがとうございます。

    ご教示いただいたsystem.imgの書き込みを試すため、kdzからsystem.imgを抜き出そうとしています。

    https://www.youtube.com/watch?v=M4s6wrpD2Gk

    上記動画を参考に、LGL2220B_00.kdzからsystem.imgを抜き出してみましたが、なぜかサイズが6GB以上になってしまって書き込めませんでした。

    現状なんとかしてsystem.imgを入手しようと模索中です。

    進展がありましたら再度コメントさせていただきます。

    それでは失礼いたします。

  51. かぼちゃより、 2016/12/18 日曜日:

    店長さん、はじめまして、こんにちわ。
    CloudyのCWMから、TWRPとkkbootstackを焼いて再起動したところ、LGのロゴ画面で以下のエラーが出るようになりました。
    secure booting error
    cause:boot certification verify
    ボタン操作でTWRPは立ち上がるのですが、Factory data resetの画面でYesを2回押すと上と同じところでエラーが出て固まります。
    上の方の4番の店長さんのご指摘から、ROMをまだ焼いていない状態で再起動したのがいけなかったことが判明しました。

    linuxの勉強中でxubuntuの入ったPCがあります。これに真っ黒画面のL01Fをつないだところ、デスクトップ上に新しく11個のアイコンが現れました。
    このアイコンをダブルクリックすると、「Failed to mount “8.4 MB Volume”」という窓が開き、その中に/dev/sdb22という文字が見えます。
    (この手順でsdb*の番号が確認ができたのは、*部分が14、21、22、23、26、27、28、34、37の9個です)

    店長さんの「ddコマンド」のページを読みますと、この「sdb*」の部分がおそらく
    dd if=sbl1.img of=\\?\Device\Harddisk1\Partition2
    の「Partition2」の部分に相当していると思うのですが、どのパーテーションがどの.imgファイルと対応しているのかが分からず壁にあたっています。

    直前にCWMでバックアップを取ったものがPCに保存してあり、sbl1.img、dbi.img、aboot.img、rpm.img、boot.img、tz.img、laf.imgに対応してそうなファイルが、それぞれ、sbl1.bin、dbi.bin、aboot.bin、rpm.bin、boot.bin、tz.bin、laf.binの形で存在しています。
    このファイルをたとえば
    dd if=boot.bin of=/dev/sdb23
    のようにして実行していけば、linuxでの修復は可能なのでしょうか?
    linuxで修復する際に何か注意すべきことがございましたら、ヒントをお与え下さいませm(__)m。

  52. 店長より、 2016/12/18 日曜日:

    かぼちゃさん

    ターミナルからls /dev/sd*叩いてみてデバイスの確認をします
    /dev/sdb1 /dev/sdb2 /dev/sdb3 /dev/sdb4
    /dev/sdb5 ………. /dev/sdb36
    と帰ってきたら L01Fが/dev/sdbということになります。

    /dev/sdc1 /dev/sdc2 /dev/sdc3 /dev/sdc4
    /dev/sdc5 ………. /dev/sdc36
    と帰ってきたら L01Fが/dev/sdcということになります。

    /dev/sdbの場合のddコマンドは以下の通り

    dd if=sbl1.img of=/dev/sdb2

    dd if=dbi.img of=/dev/sdb3

    dd if=aboot.img of=/dev/sdb5

    dd if=rpm.img of=/dev/sdb6

    dd if=boot.img of=/dev/sdb7

    dd if=tz.img of=/dev/sdb8

    dd if=recovery.img of=/dev/sdb15

    dd if=laf.img of=/dev/sdb24

    /dev/sdcならばsdbをsdcに読み替える。

    recovery.imgは以下から
    http://www.gregtwallace.com/_private/scripts/download/budgetvm.php?file=twrp-2.8.7.3-l01f-bump-blastagator-signed.zip&type=twrp&version=2015.11.09_(2.8.7.3)

    *.binは拡張子を*.imgに変更すればOKです。

  53. かぼちゃより、 2016/12/19 月曜日:

    店長さま

    明快で分かりやすいご返答ありがとうございます。
    Windowsの場合も、上の23番のMacの方の場合も、linuxの場合も
    同じ通し番号になっているのですね。
    いろいろ勉強になります。
    自宅に戻りましたら、大至急アドバイス通りやってみます!

  54. かぼちゃより、 2016/12/19 月曜日:

    店長さま、すばらしいです。
    教えていただいた通りにしたら、魔法のように復帰できました。

    スマホって機種ごとに文化圏のようなものがあると感じているのですが、
    僕の大好きなL01Fの文化レベルを圧倒的な高さにまで引き上げてくれているのが
    店長さんをはじめとする世界にちらばった優秀な方たちのなのだなぁ、と
    あらためて、しみじみと感じ入った次第です。
    これからもホームページを通じて多くを学ばせてください。

  55. 店長より、 2016/12/20 火曜日:

    かぼちゃさん

    復旧できてよかったですね。

    androidではlinuxの知識が役に立つので、いろいろと勉強して下さい。

  56. fjt707より、 2017/1/7 土曜日:

    こんばんわ
    当方 LG G3 LG-D850 を使っているのですが、
    いろいろといじっていたところ、文鎮化してしまいました。
    途方に暮れ、いろんなサイトを見ていたのですが、
    上記のやり方で、G3でも復旧可能なのでしょうか?
    また、必要なsbl1.img等のファイルは、どこからダウンロードできるかも
    教えていただけないでしょうか?

  57. 店長代理より、 2017/1/8 日曜日:

    fjt707様
    端末を所有していないので詳しくは解りませんが、
    こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

    https://forum.xda-developers.com/lg-g3/general/guide-boot-recovery-download-mode-t3273824

  58. fjt707より、 2017/1/8 日曜日:

    店長代理さま
    アドバイスいただきまして、ありがとうございます。
    参考にみてみます。

  59. takeより、 2017/4/4 火曜日:

    はじめまして。しつれいします。
    先日急にgooglegameをアンインストールしていたところ電源が落ちました。その後、起動中のLGのロゴで止まるようになりまして、なんとか復旧をと思い、ここにたどり着きました。
    初心者ですが、よろしくお願いします。

    今、ダウンロードモードできどうしているのですが、2時間たっても0%から進みませんでしたので、一旦電源を落としました。PCに繋いでも認識せずです。
    新しいロムの導入も含めてなんとか復旧させたいと考えています。

    ダウンロードモードでつなぐのかな?と考えていますが、PCからは見えない状態です。この状態からのリカバリは可能でしょうか。

    どうぞ宜しくお願いします。

  60. takeより、 2017/4/4 火曜日:

    度々失礼します。
    バックアップリカバリモードでも、PCからは見えませんでした。
    どうぞ宜しくお願いします。

  61. 店長より、 2017/4/4 火曜日:

    take さん

    LGのロゴで止まるなら、KKブートローダーですね。

    リカバリから起動して、ROMを焼き直せばよいかと・・・

    リカバリのは入り方は以下の方法になります。

    1. 電源を切る
    2. 電源ボタン+ボリュームダウンボタンをLGのロゴが出るまで押す
    3. LGのロゴが出たら両方のボタンを外して、すぐにボリュームダウンボタン+ボリュームアップボタンを押す。
    4. FactoryResetの画面が現れたらYesボタンを2回押す
    5. TWRPが起動する。

    以上

  62. takeより、 2017/4/4 火曜日:

    店長様
    ありがとうございます。無事イケマした。
    ラインはどうにもならなかったですが・・・

    ぜひ、このサイトを元に、アンドロイドのバージョンアップも頑張ってみたいです。
    ありがとうございました。

  63. aiより、 2017/5/14 日曜日:

    はじめまして。困っています。

    L01-Fでソフトウェアの更新を行っている最中、いきなり再起動してTWRPが起動するようになりました。(電源ボタン+ボリュームダウンボタンを押さなくてもTWRPが起動します。)
    restoreなど実施してもなおりません。

    対処法をご存知でしたらご教授いただきたいです。

  64. 店長より、 2017/5/16 火曜日:

    aiさん

    rootの状態でソフトウェアの更新したのではないでしょうか?

    TWRPが起動するなら、11KのROMか11mのROM焼けばstockのroot状態になれます。

  65. トーシローより、 2017/7/18 火曜日:

    はじめまして。
    知人がロム焼きに失敗したLGL24を捨てるとのことでしたのでもらってきました。
    電源も入りませんしパソコンにつないでも何も認識しません。
    やはりこの状態から復活させるのは無理なのでしょうか?
    もし何か方法がございましたらご教示いただけませんでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

  66. 店長より、 2017/7/20 木曜日:

    LGL24は実機がないのでわかりません。
    そもそも電源が入らないのなら、どこが悪いかもわかりません。

  67. トーシローより、 2017/7/21 金曜日:

    ですよね。
    ハード的には壊れてない言っていたのでなんとかなるのかと思いましたが簡単じゃないようですね。
    わざわざ返事いただきありがとうございました。

  68. SIM774より、 2017/8/4 金曜日:

    こんにちは。
    文鎮LGL22で、ファイル群はtotから抜き出しあとはこのページと同じように試しましたがうまく行きませんでした。
    大量のストレージも今は出て来ず、「Qualcomm HS-USB QDLoader 9008」と認識しているだけです。
    コメント欄にあったbrick復旧ツールも試してみましたが「device not found in dload trying flash programmer」とエラーが出ます。
    totから抜き出したファイルを焼いたのがとどめを刺してしまったのでしょうか。

    これはもうお手上げですかね?

  69. 店長より、 2017/8/5 土曜日:

    LGL22は持ってないのでよくわかりませんね。
    Qualcomm HS-USB QDLoader 9008で認識してるならLG BoardDiag使えばflashできるんじゃないかな・・・

  70. SIM774より、 2017/8/6 日曜日:

    返信ありがとうございます。
    BoardDiagは店長さんが上のコメで貼られているxda先の3.xだとLGL22を認識せず、2.99aだと認識し、焼くことができました。(できないときはPC再起動)
    その後、今回はシステムに違う機種用が入ってしまっており、flashtoolが使えないのでリカバリーを起動する方法でfastbootが立ち上がるので、fastboot erase systemを実行(ここでリカバリを入れ替えてリカバリを起動するとまたブリックします)し、再度flashtoolでやくことにより起動させることができました。

    恐らく、文鎮してからの手順としてはSecure boot(だっけ?)が出て起動しない場合についての記事のコメント欄に店長さんが載せているLGL22用のファイル群のうち、recovery.imgをtotの中にあるものと置き換え(7-zipを使うと簡単です)、この記事のとおりに実行し、あとは先程と同じようにfastboot erase systemをした後flastoolでrom焼きをする…というのが一番楽だと思います。
    今回は本当に助かりました。
    ありがとうございました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)